邪道ドラマー、ダイキの情報発信。かつてMitsuと共に「きとね市」を主催していたが2016年春に一旦終了した。「青い森商店」で一時期コーヒーを淹れていたが今はもろもろ休止中&あれこれ修行中。


by ydgk

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サウス アイランド
パンクス ピクニック 
2009
f0162567_22105873.jpg



カオティックとツナミの共催による反骨音楽祭。
前夜祭はコザだが当日はナハで!↓


日時/2009年10月31日(土) 午後5時半開場 6時開演

場所/サイバーボックス那覇)

料金/前売り2000円 当日2500円

出演者/
CONQUEST FOR DEATH (アメリカ)

・FREAKS (東京)

スラングブギー (東京三茶H.C)

STEREO LYNCH (東京三茶H.C)

NO ALL (東京)

・NIGHT MISSION (東京)

・CONTAGION (大阪)

D-J.U.U.M solo (名古屋)

SOBUT (東京)

CHAIN' SOLE (沖縄)

・JIGGY JAP (沖縄)

R.A.G.S (沖縄)


チケット取扱店/CHAOTIC(恩納村)TSUNAMI(宜野湾)GET HAPPY RECORDS(那覇)

フライヤーデザイン/タム




STEREO LYNCH ”Back To The Real”



Conquest For Death Japan Tour 2009

動物が狩られる際に放つ断末魔の「おたけび」の「おた」が「うた」のはじまりという説を本で読んだことがある。
音楽を愛する人、音楽のパワーを信じる人、映像なんかじゃ伝わらないナマのたたずまいを体感しに来てください。自分流の楽しみ方で。
[PR]
by ydgk | 2009-09-25 22:50 | ▲不法映像 | Comments(1)

リラックスとエキサイト

いわゆるテクニシャンにはなりたくないけど、
自分の表現したいことぐらいは演奏したい、
自分に今できることで思いきり現したいとは思う。

ぶっ叩くためにもいらない力を抜くことが必要になってくる。
決してチャラチャラ叩くためじゃない。出したい感じがある。
でも出したいがために、力んで腕が固まっては何もできない。経験でイヤというほどわかってる。
40を目前に、からだはどんどん硬くなっていく。

そこで、もっといらない力を抜こう、というわけだけど、
さっき鉛筆で字を書いていて、自分の両肩に力が入っているのに気がついた。
気がつきだすと面白い、酒飲んでるときも左肩がくぅーと上がっていた・・・おそろし!
いやー、力を抜くというのも奥が深い。

核(胴体、マインド、衝動)→中間部(肩、ひじ、膝)→末端(手先足先)
の中でも肩が力みやすいと思う。
せっかくいい衝動があっても、肩でブロックされては、直接音を出す末端にパワーが届きにくい。
フルパワーで現すためにも肩の抜きが必要だと思う。
精神は集中・高揚してても!


じゃあ、いかにも「力」はいってるピッキングのジョーストラマーはどうかというと、
the CLASH/ I Fought The Law


他のメンバーの倍のタイムで激しく刻んでいるジョー(vo,g)のノリ方も個性的だが、
意外に肩はすっきりして見える。
中心で脈打ってるものが、結果的に手先足先首先に伝わっている、中間の「肩」が上がっていない。

甲板に上がった魚はムチ打つようにビタンビタンしている。
魚は尾ひれだけを動かそうとはしてないはず、もだえている中心の動きが、しぜんと我慢してない末端に連動しているんだろう。全身でノッている。
クラッシュのいい意味でのポップさは、この強烈なビート感があるからかっこいい。


クラッシュの精神性、センス、アティテュードは別にしても、かんがい深い。
[PR]
by ydgk | 2009-09-09 01:49 | ▲不法映像 | Comments(2)
夏の疲れがふいにおそってくる季節。
こういう季節こそ、太鼓が体に話しかけてくる。


さて、ちょっと変則的なやすみ、どうぞ楽しんで下さい。

09年9月分

月曜・名護 9/21敬老の日だがあり

火曜・那覇 9/22国民の休日やすみ、9/29は五週目だがあり

水曜・読谷 9/23秋分の日やすみ、9/30は五週目だがあり

木曜・コザ やすみなし




09年10月分も。

月曜・名護 10/12体育の日だがあり

火曜・那覇 やすみなし

水曜・読谷 やすみなし

木曜・コザ 10/15母一周忌のため休みます、10/30五週目だがあり


うわー、文字で見ると「やすみなし」って恐い!休む人は休んでねー。
[PR]
by ydgk | 2009-09-08 14:21 | ▲他 | Comments(0)