邪道ドラマー、ダイキの情報発信。かつてMitsuと共に「きとね市」を主催していたが2016年春に一旦終了した。「青い森商店」で一時期コーヒーを淹れていたが今はもろもろ休止中&あれこれ修行中。


by ydgk

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あした、おつかれさまー

月2回のワークショップをやっていた久茂地の「あした」
いよいよ本当にワークショップ終了となりました。

お店の人、今まで来てくれた人、有難うございました!
[PR]
by ydgk | 2009-07-29 10:46 | ▲他

北窯売店へどうぞ~。

先日行わせてもらった「アフリカの風」イン北窯
天気も良く、巨大な生き物のような登り窯の前で演奏し、
夜空の下で楽しんだ。
衣類・バッグ・ベルト(何故)などの忘れ物あずかってます、ダイキまで。(左のカテゴリに連絡先有り)

大きなメディアでは伝えきれない生の話がきけてよかった。
ケニアのスラム街の写真や映像も、盛りだくさんだった。

大西匡哉のンゴマ演奏は、よどみなく心地いいリズムだった。俺もいつかあんな風に叩いてみたい。そしてあの中低音は高温多湿の沖縄に、とても似合っていた。

近藤ヒロミはやっぱ精霊だ。引力がある。最後はかわいくとび跳ねながらステージから帰ってきていた。

イベント後
f0162567_12225999.jpg

ここでの会場づくりは全部北窯の親方達に甘えたのだが、
掃除、草刈り、客席づくり、ステージと映写用スクリーンづくり、灯り、受付のテント設営その他。
たくさんの仕事をもくもくとこなす、4工房、20数名による汗だっくだくの 集団D.I.Y. にはまたしても感心させられた。
自分の無力さをいやというほど感じます。

翌々日の撤収作業だけ俺も参加したが、
朝9時からわずか一時間ほどで終わる。
小休憩の後、親方の「さ、やるか。」で通常の作業がはじまり、俺は帰った。
これからは共同で土づくりなどしたりするそうだ。
動き続ける北窯。さあ、
生まれたてのやちむん達がひしめいている、
共同売店にカモン!

f0162567_12231834.jpg

[PR]
by ydgk | 2009-07-27 12:35 | ▲他

今週土曜日はあっ!

f0162567_11162762.jpg
f0162567_11164697.jpg

アフリカの風 おはなしと演奏会
イン 読谷 やちむんの里 北窯


おはなしとスライド  早川千晶(ケニア在住)
伝統太鼓演奏    大西匡哉(ケニア在住)
カリンバ演奏     近藤ヒロミ(沖縄在住)

[前座]非伝統演奏 ヨシミダイキとミツ(読谷在住)

20日のタイフーンFMの番組では話が和やかに進むが、後半出てくる大西匡哉の太鼓演奏がとてもいい。時間がある人どうぞ。

会場となるこの北窯は「やちむんの里」の中にあり、四人の親方(松田共司さん、松田米司さん、宮城正享さん、)とお弟子さん達で共同運営している登り窯だ。
工房と売店と緑と、緊張感と心地よさが混在する、とてもいい場だ。

写真の看板は與那原正守さんが忙しい中、造ってくれてて感動。

北窯は今日、木曜日が窯出しでとても忙しい。
土曜日にはぜひ、焼きたてホカホカのやちむん達も売店でチェックしてほしい。





f0162567_1150349.jpg

村内用ビラのボツ版。
[PR]
by ydgk | 2009-07-23 11:23 | ▲ギグ・イベント自薦推薦

いわゆる「アフリカ系」のイベントは苦手な俺だが、
今回近藤ヒロミさんを通じて自然に参加することになった。
f0162567_14133485.jpg
f0162567_14135090.jpg

ケニア在住の早川千晶と大西匡哉、そして沖縄在住の近藤ヒロミが、
日本中をかけまわって行う、トークと演奏のツアー。
沖縄では
7/23(木)に首里アルテ赤田ギャラリーホールでゲストに「AFRIKASIA」

7/24(金)は老人会 夕涼み会 詳細未定、

そして長いツアーの最終日、7/25(土)は読谷村北窯で、
ゲストは「ヨシミダイキとミツ」。
北窯は四人の親方達からなる共同窯だが、今回強力に協力していただいている。
この日は読谷婦人連合もおにぎりやビール販売で手伝ってくれる。
夜空の下、大きな登り窯の前でケニアの現状を知り、また音楽も聞けて、アフリカ雑貨やCD(チャリティー)も買える盛りだくさんなイベントになるようだ。
俺は飲みすぎないようにがんばる。

問い合わせ
・工房アマム090-4430-0196
    http://africaze.ti-da.net/ 
[PR]
by ydgk | 2009-07-06 14:32 | ▲ギグ・イベント自薦推薦