邪道ドラマー、ダイキの情報発信。かつてMitsuと共に「きとね市」を主催していたが2016年春に一旦終了した。「青い森商店」で一時期コーヒーを淹れていたが今はもろもろ休止中&あれこれ修行中。


by ydgk

こん日曜日、イベントに馬の骨で出演します

麦と豆と音 
3つの手を感じる夕べ

日時 2012年2月26日(日曜日)
   16時開場 16時半スタート
場所 パン屋 水円 (読谷)
料金 2000円(小3杯の珈琲と石臼挽きパンと豆カレー付き)
最後にミニライブ有り 詳しい内容は下記参照

要予約 お問い合わせ 電話 098−958−3239(パン屋 水円
f0162567_10292897.jpg

以下水円のブログより転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ひとつめの手
珈琲屋台ひばり屋の手焙煎ライブ

シャンシャンシャンシャンと鈴の音のような焙煎音

やがて煙が立ち上り始め辺りは珈琲の甘いかおりでいいかおりに

出来たての珈琲豆はつやつやピカピカで

今までに見たこともない珈琲と出合える


ふたつめの手
パン屋水円の手挽きのパン

ごりごり ごりごり 円を描く

ごりごり ごりごり 手をかける

伊江島の玄麦を自分の手で全粒の粉に

その粉で酵母パンを焼くと

きっと味わいがもっと深いパンに


みっつめの手
ヨシミダイキのジャンベ演奏

手から伝わる音の色

耳から聴こえる からだに響く

その人の音が こころに響く


那覇の珈琲屋台ひばり屋のさっちゃんが珈琲豆を目の前で焙煎し、
珈琲を淹れてくれます。
水円の想一くんが伊江島の小麦を手で挽いた粉でパンを焼きます。
吉見大樹グルーブ研究所のダイキさんと馬の骨のジャンベ演奏のミニライブもあります。

その時にしか感じれないコーヒー豆の焙煎の香りや、焙煎したての豆の味、
手で挽いた麦の味わい深さ、
手からからだに伝わる音。

それぞれの手がみえる
小さなおもてなしの様な会になりますように
[PR]
by ydgk | 2012-02-24 10:40 | ▲ギグ・イベント自薦推薦